クラフトデザイナー中部


NewsTopics

田尻 誠さん(当会元代表)への追悼

 

以前当会の代表を務められ(1995~2001)、本年3月9日に亡くなられた陶磁器デザイナー田尻誠さんを偲び、ここに当会の代表 栄木正敏及び会員 長江重和から追悼の言葉を送ります。

 

IMGb_R

シリーズくつろぎの器「Tea Time」 1990年日本クラフト賞受賞作 岐阜県現代陶芸美術館、及び愛知県立芸術大学芸術資料館 収蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「田尻 誠さん さようなら」     栄木正敏

 

田尻さんは、私の4つほど武蔵美の後輩にあたる。彼が同大学の助手をしていた時からのライバルであり、同じクラフトデザインの永いつきあいであった。

静岡の工業高校デザイン科を卒業し、銀座のデザイン事務所で仕事をしていたころ、クラフト陶磁器に目覚め、止むにやまれず、武蔵野美術大学を受験、大学ではフィンランドのアラビヤ社に留学した加藤達美先生に師事する。学生時代には知山陶苑、白山の製品に憧れたという。後に師の達美先生はとても高く彼の仕事を評価していたことを思い出す。

彼は単に美術品として観賞のみに終わらない、とても精緻、巧みなろくろ技による生活の中に生きるクラフトデザインを思考して、大きな成果を上げてきた。そして1990年の日本クラフト展グランプリの日本クラフト賞 柿釉による「くつろぎの器」に結実した。選考評「・・・・・・多様な現代の生活シーンも、やはり普段の時が圧倒的に多いのです。そんな中で、充分に使い切れるモノ、創造性も含めて日常の高い要求をみたす事の大切さを、今一度確認させてくれる作品」と書かれている。

彼が亡くなる数年前に非常勤講師であった愛知県立芸術大学の芸術資料館に上記の茶器セットや耐火鍋、鉢、皿類を永久コレクションに出来たことが私としては良かったなと思っている。

陶磁制作に加え、陶芸専門誌の連載著作、紋様表現、絵の巧さなど多面的な才能の持ち主である田尻誠さんは2013年3月9日ご逝去された。短くも充実したものつくり人生であったと思う。

 

田尻誠さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

                                                                            

 


 


「田尻さんのこと」        長江重和

 

田尻さんの事、知人から聞いてびっくりしていました。私の仕事場を作り直す時に田尻さんの仕事場を移動するのが重なり、道具やロクロなどたくさん頂いたり、購入したりしました。あとで聞いたのですが、現金を手にするとついついお酒を買ってのんでしまうようで、申し訳なかったなと思いました。

自分自身の作品づくりをあそこまでやった人が李さんの仕事のお手伝いをされる事はたいへんだと思いましたが、とても立派だなとつくづく思いました。田尻さんの道具を使い、作品づくりを進めたいと思っています。

 

2013.09.04

新会員入会のお知らせ

次の3名の方々が新たに入会されました。

大塚くるみさん(陶磁器)、岡井大介さん(木工)、木下結衣さん(ガラス)

2013.08.30

アクアイグニス & パラミタミュージアム 見学会

今年の見学会は8月22日、定時総会終了後に菰野市のアクアイグニスとパラミタミュージアムを見学しました。

実際に行った順番とは逆に、最後に訪れたアクアイグニスから先に紹介します。アクアイグニスとはラテン語で水と火。中心に片岡温泉がありその周辺にスイーツショップ、イタリアンレストランや宿泊施設などがある中規模なレジャー施設です。ここが大変洒落ているのです!建物は若手の建築家赤坂知也氏のデザインで、その他様々なアーチストがによって施設全体が企画、デザインされています。片岡温泉はまるでモダンなミュージアムの様に明るくクリーンで、和モダンの雰囲気が漂っています。湯は、ほんのり硫黄のかおりがする掛け流しです。これで600円とは安い!うちの近所のスーパー銭湯の450円よりはるかに価値がある。施設には平日ながら多くの人が訪れていました。こうしたリゾート施設のプロデュースは近頃ますます進化してきている気がします。

 

024

019

P1020278b

 

パラミタミュージアムでは、先ず会員の加賀ご夫妻が小ギャラリーで開催中の個展を見学。自由で明るい雰囲気を持った家具の数々で、個人的には胡桃のテーブルの自然な風合に惹かれました。

009 005

 

続いて企画展の「第8回パラミタ陶芸大賞展」と「琳派・若冲と雅の世界展」を鑑賞。陶芸大賞展は時代を代表する陶芸家6人によるもので、アートから工芸まで各々作風が全く異なり、今の陶芸の世界の幅広さを感じました。琳派・若冲展は、若冲を初めとして酒井抱一、鈴木其一、俵屋宗達など有名どころの作品があり、かなり見ごたえがありました。私は神坂雪佳をここで初めて知り、江戸の後、明治、大正に日本画が変わっていく様子が彼の作品から感じられました。

ということで、最新の温泉、琳派の日本画、現代陶芸、木工展と幅広く楽しんだ一日でした。

(本多)

 

2013.08.27

平成25年度総会が開催されました。

2013年8月22日、平成25年度総会が開催されました。

会場は、三重県菰野町のパラミタミュージアムのすぐそばの「茶茶」で、会議の後、自然薯づくしのお食事を堪能しました。

会議では、平成24年度の事業報告・決算報告、平成25年度の事業計画が承認された他、規約の改正も承認され現状に即した体制が整備されました。

このあと、総会と一緒にセットされていた「パラミタミュージアム」と「アクアイグニス」の見学に向かいました。

P1020276 001

2013.08.27

「親子ふれあいワークショップ」が開催されます。

「親子ふれあいワークショップ」が開催されます。

親子ふれあいワークショップ
ー君たちの手が作るー 木の枝や木片で作るキーハンガー 自然のカタチ

 

自然の大切さ、その中に発見する面白いカタチのおはなしを聞いた後、刃物で枝を削り、ペーパーヤスリで木片を磨いたりしながらキーハンガーをつくります。ものづくりを通して、自然と付き合うことの喜びを知る体験プログラムです。

 

期:8月26日(月)
午前の部 10:30~12:30
午後の部 14:00~16:00

会場: エコッツェリア(新丸ビル オフィス棟10F)

募集人数:各回親子15組30名
参加費:1,000円;(親子2名分)

参加お申込みは
http://eco-kids.info/program/index.shtml#02

 

PRESENTED BY 日本クラフトデザイン協会 JCDA

2013.08.17

「第53回日本クラフト展」の公募が始まりました。

「第53回日本クラフト展」の公募が始まりました。

恒例の「第53回日本クラフト展」の公募が始まりました。

 

詳しくは こちら

 

応募登録締切り日  2013年10月21日

 

 

2013.08.17

クラフトギャラリーウォーク2013 in 東京

日本クラフトデザイン協会会員を中心に

65名の作品を都内7つのギャラリーにてほぼ同時開催

ギャラリーを巡って日本のクラフトを楽しんでみませんか!!!

CDC会員作家も数多く参加しています。

会期
7月14日から8月3日

詳しくはこちら

 

2013.07.09

「紙から 伝統工芸+クラフト+アートまで」展開催中です。

紙を使った伝統工芸、クラフト、アートの作品が集まったユニークな展覧会が名古屋の「ノリタケの森ギャラリー」で開催されています。紙の持つ味わいの深さ、表現の幅広さ、効果の面白さを見ることが出来ます。6月30日まで開催中です。P6274160P6274180

 

2013.06.28

高岡2013クラフトコンペティション–作品募集中

伝統工芸の銅器・漆器やアルミ産業をはじめとする、ものづくりのまち高岡は、新しい産業工芸の動きを誘発する情報発信基地となるべく、「新しいクラフトをもとめて」をテーマに、全国から作品を募集しています。

出品申込み締切は、7月12日(金)

詳しくは、こちら

2013.06.08

栄木ご夫妻の「ホットするフォルム展」

栄木 正敏、房子ご夫妻の展覧会が5月下旬柄から6月にかけてノリタケの森ギャラリーで開催されました。”ホットする”のタイトルの通り、温かさを感じる陶磁であり絵画(童画)です。”気負うことなく作りたいものを作り描きたいものを描く”、という自然体のお二人ですが、そこから生まれた作品からは各々の深くて個性的なメッセージを感じます。

 

当会の代表を務める栄木正敏は、今年3月に愛知県芸術文化選奨の文化賞を受賞し、また陶磁器デザイナーとして国際的に知られています。今回展示された氏の長年の作品の数々には時代に流されない筋の通ったクオリティがあり、そこからは氏のデザインに掛ける変わらない情熱が伝わってきます。

 

会期中は、デザインや絵画のお仲間、陶磁器業界の方々や教え子など多くの来場者が来られ、盛況な中に楽しい話が弾み、多くのファンを持つお二人の人徳が感じられました。

033032

035017

025021

019038

P5294151029

045eP5294143

2013.06.06

7 / 9« 先頭...56789