クラフトデザイナー中部


CDCの活動

「花よ!器よ!」展  2013年3月13日~17日

”花と器のコラボレーション”をテーマに開催した「花よ!器よ!」展(国際デザインセンターデザインギャラリー)は大変盛況の内に終わりました。幅広い分野の器の作家と花を生けるプロがコラボレイトするという非常にユニークなこの企画は、ご来場の方々からとても面白いとの感想を数多く頂いただけでなく、これからも是非続けて欲しいとのリクエストもたくさん頂戴しました。今の時代の生活空間における器と花の幅広い可能性を表現出来たという意味でも今回の展覧会の意義を感じました。

吹きガラス作家 東 敬恭 草月流   加藤 都志江

吹きガラス作家 東 敬恭 / 草月流 加藤 都志江

009

クラフトデザイナー 陶磁器 酒井崇全 / 安間 恵子 ジュエリーデザイナー

010

ガラスデザイナー 柏原 宏行 /
ジュエリデザイナー安間 恵子

014

陶芸家 本多 潔 /
 日本生花司松月堂古流 安田 蓬和

015

クラフトデザイナー木工 加賀 友博・加賀 千珠子 /
草月流 齊藤 沙映

016

プロダクトデザイナー 栄木 正敏 / 石田流 西原 久美翠

017

プロダクトデザイナー 栄木 正敏 / 
正統則天門 西脇 和子

020

クラフトデザイナー 金属・ジュエリー あさくら
やよい/ 日本生花司松月堂古流 吉田 松幹

021

長岡造形大学教授 菅野 靖 / 草月流 石黒 美鳳

023

陶芸家 森 和彦 / 池坊 遠藤 華萌

024

テキスタイルデザイナー 小牧 佳寿代/
ジュエリーデザイナー・舞台演出者 水野誠子

026

プロダクトデザイナー 舟橋辰朗 /
日本生花司松風堂古流 山内 松佳

027

吹きガラス作家 東 敬恭 / 石田流 加藤 恵理翠

029

テキスタイルデザイナー 成田 幸子 /
テキスタイルデザイナー 小牧 佳寿代

030

陶芸家 田代 尚照 /
 石田流 奥谷 一翠

031b

テキスタイルデザイナー 成田 幸子 /
テキスタイルデザイナー 小牧 佳寿代

032

クラフト作家 日比野 靖 / 石田流 石田 景翠

033

陶磁器デザイナー 亀井 龍二 / 石田流 深谷 由翠

035

漆芸作家 西川 雅典 / 大井 恵琥

045

長岡造形大学教授 菅野 靖 /
インテリアコーディネーター 川瀬 聖

048

陶芸家 長江 重和 / 石田流 次期家元 石田 巳賀

050

クラフトデザイナー籐 安井 佳子 / 石田流 矢田 慎翠

022b

クラフトデザイナー 金工 相川 繁隆 / 池坊・空間プロデューサー 仙石 恵子

花よ!器よ! 020_R

ガラス作家・倉敷芸術科学大学教授 磯谷 晴弘 /
視覚環境デザイナー 高北 幸保

 

2013.03.18

「花よ!器よ!」展 搬入&オープニングパーティ

今開催中の「花よ!器よ」展の搬入とオープニングパーティについてのレポートです。

3/12の搬入では、器のセッティングが終わると20人以上の方々が一斉に生花や造花を生け始め、大変な熱気です。皆さん器との関係を見ながら色、形、空間のバランスを何度も繰返して検討され、クリエイティブな緊張感を感じました。

今回の出展者の器の方は、陶磁器、金属、ガラス、木工、テキスタイル、漆、籐などがあり、一方の花は、草月流、石田流、正統則天門華道、池坊、日本生花司松月堂古流、そしてコサージュ作家、インテリアコーディネイター、クラフトデザイナー、視覚環境デザイナーと、両方共に本当に様々な分野の方々です。今回の企画の狙い通り、花と器のコラボレーションによる新鮮な空間が作り出されました。

 

057_R 037_R017_R 015_R 083_R 065_R

 062_R 023_R

また、初日夕刻のオープニングパーティでは関係者手作りのフルーツパンチや軽食を楽しみながら、分野を越えてクラフト、デザイン、アート等について語り合うことができました。

 

104 101 096 094

2013.03.15

当会の栄木正敏代表が愛知県芸術文化選奨を受賞

栄木正敏代表が受賞した愛知県芸術文化選奨は、芸術文化の各分野でその発展に貢献し、業績が顕著な個人・団体を選奨するものです。今回、その中の文化賞を陶磁器デザインでの功績により栄木代表が受賞しました。デザインの分野での受賞は過去の例が少なく、しかもクラフトデザイン及び工業デザインからの受賞は今回初めてのことです。この分野のデザインが芸術文化として観られるようになってきた証としても大変うれしいニュースです。

2013.03.06

アートフェア東京 2013が開催されます。(2013.3.22〜24)

会期 3月22日(金)~24日(日)
時間 22日11:00~21:00
   23日11:00~20:00
   24日10:30~17:00
会場 東京フォーラム地下2階 展示ホール 東京都千代田区丸の内3-5-1
     アートフェア東京 東京リミテッドブース
出品者 伊藤公象、田中信行、清水六兵衛、高橋禎彦、畠山耕治、中村ミナト、周防絵美子、寄神宗美他
※CDC代表の栄木正敏が出品

2013.02.18

むすぶ、クラフト CCJクラフト見本市  2013.2.7〜2.9

池袋の明日館で、全国から約120組のつくり手が集まり、開催されます。
クラフト食堂、クラフト教室、クラフト図書館もオープン予定。

 

代表の栄 木 が出品します。

 

2013年2月7日(木)、8日(金)、9日(土)
10:00-20:00(最終日は、17:00まで。)
自由学園 明日館(池袋駅から徒歩7分)
東京都豊島区西池袋2-31-3
・2月7日(木)/バイヤー、メディア関係者のみ
・2月8日(金)、9日(土))/一般公開、展示即売日。

http://www.craftcenterjapan.jp/

主催 一般財団法人クラフト・センター・ジャパン

2013.01.25

昭和初期のクラシックモダンが面白い 旧本多忠次邸 

昨年岡崎市の東公園にオープンした旧本多忠次(ただつぐ)邸を見に行きました。

忠次は家康の家臣本多忠勝の子孫で、最後の岡崎藩主の孫にあたります。ここは、うちから5分足らずの所にあるのと、先日、知り合いの陶芸家に勧められて行く気になりました。正直、税金でこんなもの作って困ったもんだと思っていたので、それまで行かなかったのですが、入ってみれば結構興味深いデザインが多々あって、結局たくさん写真を撮ってしまいました。

お茶室はアールデコスタイルで、ソファとテーブルがなんとも言えずいい味を出しています。誰のデザインか聞いてみたが、どの家具や建具も基本的にはオーダーメイドだが作者は不明だとのこと。ちょっと残念。

スチームヒーターのカバーの張り出しに合わせた壁に取付けたランプデザインがとても良い。

和室の障子にちょっとしたデザインアクセントが入ってる。ジオメトリックパターンのランプシェードが粋です。別の和室のランプシェードも面白い。床の間に掛け軸が無いのが残念。係りの人に訊いたら掛け軸は無いとのことだった。自分で想像してみるか。

ステンドグラスが随所にあって優雅な雰囲気がします。

寝室のキャビネットは花柄の木彫が小さなアクセントになっている。

以前見た京都大山崎の”聴竹居”もほぼ同じ昭和初期の住居ですが、この頃のクラシックモダンなデザインは個人的に惹かれるものがあります。

この建物、クラフトやデザインに関心のある人には参考になるところが色々あるので、「皆さん是非お立ち寄り下さい。」と、岡崎市のためにも宣伝します。せっかく出来たのだから。見学は無料で、月曜休み。それから、和室を展示室として利用することも出来ます。本多邸で作品展というのも悪くないかな・・・。

本多 潔

 

2013.01.25

テーブルウェア・フェスティバル2013 2013.2.4~2.11

東京ドームで毎年開催されるテーブルウェアフェスティバルが始まります。同時開催のテーブルウエア大賞にはCDC会員の酒井崇全、本多潔らの出品もある他、当会代表の栄木はコーディネイト部門/特別審査部門の審査員を務めると共に審査員招待ブースに出品します。

 

会期: 2013年2月4日(月)~2月11日(月祝)

時間:10時(AM)~7時(PM)入場は閉場の1時間前まで

場所:東京ドーム(東京都文京区後楽園1丁目3番61号)

テーブルウェア大賞コンテスト部門出品は約130点

http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

2013.01.23

CDCの新しいホームページが2月1日にスタート

CDCの新しいホームページが2月1日よりスタートします。会員の方々やクラフトに関わる方々、クラフトに関心を持つ方々に向けて広く情報を発信して行きます。そしてこの情報が新しい動きのキッカケになることを願います。

2013.01.16

7 / 7« 先頭...34567